キャンプ DIY

【キャンプDIY】スノピIGTにイワタニを合体したカスタムテーブルを作ってみた

2020年11月6日

カスタムテーブル17

本記事では、スノーピークのIGT(アイアングリルテーブル)最適化のため自作でイワタニのガスコンロを埋め込んだ結果について書いています。

 

過去にもIGTのDIYは、

【キャンプDIY】スノピIGT天板の作り方や材料など詳しく解説します。

【キャンプDIY】スノピIGTに取り付けられるスパイスラックを作ってみた

などいろいろ作っているのでよかったら見て行ってください。

 

スノーピークIGT自作でイワタニ埋め込み解説

キャンプの食事を快適にするためスノーピークのIGT(アイアングリルテーブル)にイワタニの炉ばた焼き器「炙りや」をカスタムしてみました。以前はテーブルの上で炙りやを使っていましたがどうも使いづらく「埋め込んだら使いやすくなるのになぁ…」とスノーピークのフラットバーナーを使いながら考えていました。

こちらが私も使っているスノーピークのフラットバーナー。とても使いやすいです👇



この炙りやをフラットバーナーみたいに埋め込むと…

カスタムテーブル2

 

こうなりました👇

 

カスタムテーブル1

イワタニの周りにあるアルミ天板が気になる方は👇

【キャンプDIY】スノピIGTのアルミ天板を1500円くらいで作ってみた

の記事をのぞいてみてください。それでは作り方の説明に移ります。

 

 

松阪牛通販のお店

 

カスタムテーブルの材料は?

使用した材料を紹介します👇

  • U型アルミフレーム(シルバー)
  • U型アルミフレーム(ブラウン)
  • L型アルミフレーム
  • アルミ複合版(パンチング)
  • 鍋ビスとナット(3×15mm各10個)

合計で2000円くらいでした。

こちらが材料のアルミフレームと複合版👇。複合版については別記事の「【手作りキャンプ】スノーピークIGTをカッコいいアルミ天板にしてみた」でも作り方を解説しているのでよかったらのぞいてみてください。

カスタムテーブル3

 

 

特選松阪牛専門店やまと

 

カスタムテーブルの作り方

それではカスタムテーブルの作り方を解説します。作業時間は約1時間です。

まずアルミフレーム(ブラウン)を炙りや本体より少し短い幅(約180mm)に切断して本体の両側に穴をあけ鍋ビスとナットで取り付け、出すぎたネジ山は切り落とします👇。

カスタムテーブル4

カスタムテーブル24

ガス缶側のアルミフレームは取り付けしづらかったので1度炙りや本体をバラしてからネジを取付けしました👇取り外しの時は他の部品を壊さないように気をつけて取り外してください。

 

カスタムテーブル6

黒いフレームにぶつからないようにギリギリのところで取り付けるのがポイントです👇

カスタムテーブル5

 

 

次にもう一つのアルミフレーム(シルバー)をIGTに収まるサイズ(360mm)でカットします。そして炙りや本体のアルミフレーム(ブラウン)に引っ掛けてIGTに収めます👇

カスタムテーブル7

カスタムテーブル22

 

 

次に本体前後につけるカバーです。複合版を炙りや本体縦横のスキマのサイズから*アルミ取り付け分の厚みを差し引いた大きさで切断し、両サイドにL型アルミフレームを取り付けてネジで固定。最後にU型アルミフレーム(シルバー)を長さを測って切断してはめ込みます👇

*複合版の細かい寸法は取り付けの際に実寸を確認してみて下さい。(ちなみに私の場合は約80mmからアルミの厚みを-2mm引いた約78mm長さが約300mmからスキマ分などを引いて約295mmでした)

カスタムテーブル8

 

裏側はこんな感じ👇

カスタムテーブル9

カバーとアルミフレームを取り付ける時は必ず引っかかるスキマ分のスペースをあけておきましょう👇

カスタムテーブル16

カスタムテーブル10

スキマを開けないとはめ込むときに浮いてしまいます👇

カスタムテーブル11

 

 

アルミフレームを取り付けるときはネジを入れる穴を錐(きり)で開けておきましょう👇

カスタムテーブル19

この錐👆はインパクトドライバーとチャックが合わないので「ドリルチャック」があると便利です👇

カスタムテーブル20

 

ドリルチャックが気になる方はチェックしてみてください👇


 

 

これで加工は終了です。では仕上がりを見てみましょう。

 

黒毛和牛をもっと価値あるものに。【1129LTD】

 

カスタムテーブルの仕上がりは?

仕上がりはこんな感じ👇

カスタムテーブル12

 

カスタムテーブル13

受け皿もちゃんと開きます👇

カスタムテーブル15

 

火力の調整もできます👇

カスタムテーブル14

カスタムテーブル16

最後にガス缶側のカバーをかぶせて完了。前回作った天板がピッタリでした👇

カスタムテーブル17

カスタムテーブル1

 

 

厳選された牛肉やホルモンを、オリジナルたれをつけて販売。【にくがとう】

 

使ってみた感想は?

完成後、実際に使ってみた感想です👇

  • 高さがほぼフラットになったので使いやすい。
  • テーブルが広くなった。
  • 設置が簡単。
  • 部品が少なくてコンパクトに収納できる。
  • 材料費が思ったより安かった。

と一見、問題なく出来上がったように見えますが大きな難点がありました。それは片付けるときにコンロ本体を膝で下から蹴り上げてしまったときにアルミフレームの引っ掛ける部分が外れてしまって炙りやの本体が落下したことです👇。

カスタムテーブル23

アルミフレームは金具やボルトで固定してしまえばこの危険は無くなるのですが、収納性を考慮してあえて組み立て式の引っ掛ける方法にしたのがマイナスの結果になってしまいました。蹴り上げないように気をつけて使用すれば問題ないのですが、なかなか難しい課題が残りました。

もう一つは加工方法。採寸や切断などmm単位の精密な加工を求められるので慣れない人は作るのが難しいのかなと感じた。とくに前後のカバーはピッタリに作らないと炙りやにフィットしないのでその加減も難しいなと感じました。

今回の加工で重要視したのは仕上がったときの天板のフラット感IGTとのフィット感。これを優先したので落下の危険が伴ってしまった。これも課題の一つ。一番良いのは金型とかで作るべきだと思うんだけど私は木材しか加工できないので、ガス周りに木材を使ったら燃える危険もありこればかりは金属に勝てません…。

このフラット感を出すために選べるアルミも限られた👇。ネジの頭がなんだかカッコ悪い。皿ネジにしようか迷ったけど強度に不安があったので。

これらの問題は金属加工できる工場に相談したらぜんぶ解決する気がしますねぇ…。

カスタムテーブル21

 

 

リピート率が驚異の10%!【にくがとう】

 

まとめ)キャンプテーブルを最適化。IGTとイワタニの合体したカスタムテーブルを作ってみた

以上をまとめると、

  • キャンプテーブルは最適化できる。
  • スノーピークのIGTとイワタニを合体できる。
  • 使い心地は最高だけど…
  • ぶつけるとコンロが落下する可能性がある。
  • 改良は工場に相談するしかない!

です。みなさんのカスタムテーブル思考に少しでも役に立てれば幸いです。

読んでいただいてありがとうございました。

過去のIGT自作記事はこちら👇

スノーピークIGTの天板を自作してみた。作り方や必要な材料など詳しく解説

スノーピークIGTの「連結テーブル」を自作してみた。材料から加工まで詳しく解説

スノーピークIGTの天板を自作。今度はワイヤーラックを使ってポケット型に。

【手作りキャンプ】スノーピークIGTをカッコいいアルミ天板にしてみた

 



  • この記事を書いた人

ケラ

とくに何もない人。何かが人より秀でているとか自慢できるスキルがあるとか羨ましがるキャリアがあるとかが何もない人。時折キャンプに行ってます。料理を作るのが好きです。

おすすめ記事

ぐるぐる焼きスタンド1 1

本記事は、過去の記事「ぐるぐる焼き」がモデルチェンジした「新・ぐるぐる焼き」について書いています。 過去に登場した「旧・ぐるぐる焼き」の記事はこちらです。 目次1 モデルチェンジでほぼ最強に2 旧・ぐ ...

-キャンプ, DIY

Copyright© ケラのブログライフ ケラブロ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.