キャンプ DIY

【キャンプDIY】スパイスボックスの「反り」に大苦戦。作業風景を解説します

オイルフィニッシュしたスパイスボックスを乾燥させる

本記事は、キャンプで使用する調味料入れ「スパイスボックス」について書いています。

 

さきに完成したスパイスボックスを見たい方はこちら👇

 

 

 

【Meat Factory】

使用するのは「反ったウォールナット」

今回使用するのは左側のウォールナット。この材は木目も杢(もく)もとてもキレイなのですが…👇

スパイスボックスの面材

 

めちゃくちゃ反っています👇

木材の反りを確認する

 

まずはこの反りを補正するところから始めます。

 

 

【Meat Factory】

 

 

反った板を補正する

反ったままでは接着しても剥がれる可能性があるので反りを補正していきます。まずは削る部分をえんぴつで印をつけます👇

ウォールナットの薄板

 

次に削るのですが、削るときに反っている板が動かないように専用の台を作ります👇

薄板の反りを補正する1

 

鉋とペーパーをかけるときに邪魔にならないように板を固定します👇

反った板を補正する2

 

両サイドに段差を埋めるためビニールテープでカサ上げ👇

反った板を補正する3

 

 

作った台をいつも使っている作業台にビス止めします。後は平らになるように削るだけですが手工具で板の平面を出すのは難しく、このサイズでも30分~1時間以上かかるときもあります👇

反った板を補正する5

 

キレイに補正できました。1~2mmの世界ですがこの手間を省くわけにはいきません👇

補正した板をチェックする

 

 

 

【Meat Factory】

 

 

スパイスボックスの枠を作る

補正が無事に終わったので枠を作ります。

大きさをイメージしたら枠を組んでいきます👇

スパイスボックスの枠を作る

 

中の間仕切りは固定せずに枠だけをボンドで接着します👇

枠をボンドで固定する

 

そして面材と枠を接着して乾くまで待ちます👇

枠と面材をボンドで接着する

 

 

【Meat Factory】

 

 

スパイスボックスを磨く

次にスパイスボックス磨きます。

ペーパーの番手は通常60番から始めますが、今回は表面に大きな傷があるので40番から始めて最終的には2000番まで磨きます👇

スパイスボックスを磨く

 

ケースのカドは反り鉋を使って加工します👇

スパイスボックスに反り鉋を使う

 

鉋で削った部分はハンドペーパーの持ち手側を使って磨きます👇

反り部分にペーパーをかける

 

 

【Meat Factory】

 

 

フタを切断&金具の取り付け

磨き作業が終わったらフタの切断を金具の取り付けをします。

切断箇所に板を添えてブレないようにフタを作っていきます👇

スパイスボトルのフタを切断する

 

上手に切れました。フタの切断は0.3mmでも刃がブレると製品としての価値がなくなてしまうので神経を使います👇

スパイスボックスのフタを切断した

 

そして本体の両サイドにパッチン錠を取り付けます👇

スパイスボックスの金具を取り付ける

 

 

【Meat Factory】

 

 

最後にオイルフィニッシュ

最後の仕上げにオイルフィニッシュをしていきます。

今回も表面は蜜蠟ワックス、ケース内部はグレープシードオイルとオリーブオイルを使い分けて塗布していきます👇

スパイスボックスをオイルフィニッシュする

 

こちらは反り鉋で加工したR部分。ラインがとてもキレイです👇

スパイスボックスのR部分

 

オイルを塗り終わったら2日間くらい乾燥させて完成です。見えづらいですがフタの内側に焼き印を入れておきました👇

オイルフィニッシュしたスパイスボックスを乾燥させる

 

 

 

【Meat Factory】

 

 

完成したスパイスボックス

完成したスパイスボックスはこちらです。

何度も言いますが反り鉋で加工したR部分が木目と合っていてとてもキレイです👇

完成したスパイスボックス1

 

スパイスボックス上部は縮み杢がびっしり👇

スパイスボックスのフタを切断した

 

側面には樹洞入りの材を使用し、背面は少し変わった木目になりました👇

完成したスパイスボックス3

 

やはり今回の主役は上部の縮み杢になりました。光沢がハンパないです👇

 

オイルフィニッシュしたスパイスボックスを乾燥させる

 

今回はウォールナットの中でもより希少な材を多く使用する作品だったので無事に完成してホッとしています。

 




 

まとめ)【キャンプDIY】スパイスボックスの「反り」に大苦戦。作業風景を解説します

以上でスパイスボックス(ウォールナット)の作業を終了します。お疲れ様でした。

貴重な材を使うと作業も緊張しますが、完成するとたいへん貴重なものに仕上がります。いつか誰かの手に取っていただけたら幸いです。

 

 

最後にお肉が好きな方に宣伝だけさせてください💦

私は和歌山県のブランド牛、「熊野牛」をお肉の好きな方に試してもらいたいのですが、最初に言っておきます。値段が高いです。。。

ちなみに私が特別な日に注文する「焼き肉懐石~極~」はグラム単価で約2600円です(かなりお高い!)。一般的なスーパーで売っている国産牛は600円前後なので4倍以上の価値になってます。



しかし、「焼き肉懐石~極~」には一般市場には出回らないミスジ・カイノミなどの希少部位と、ヒレ・サーロインの高級部位がまとめて入っており、しかも高級ブランド牛の希少部位となれば味も格別。さらに扱いが難しい牛肉のユッケを販売しているのも品質の高さを裏付けています。



控えめに言っても価格に劣らない味を提供してくれる熊野牛はかなりスゴイです。

とにかく知ってもらいたい熊野牛の凄さは、「圧倒的な鮮度ブランド牛ならではの旨み」です。注文を受けてからカットした肉はすぐに急速冷凍されるので旨味を閉じ込めたまま食卓に届きます。

自宅用の他にお祝いや贈答品、お中元やお歳暮でにもおすすめです。

記事を読んでいただいた方にぜひこの旨味を知ってもらいたいので、興味のある方は覗いてみてください👇



最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人

ケラ

とくに何もない人。何かが人より秀でているとか自慢できるスキルがあるとか羨ましがるキャリアがあるとかが何もない人。時折キャンプに行ってます。料理を作るのが好きです。

おすすめ記事

ぐるぐる焼きスタンド1 1

本記事は、過去の記事「ぐるぐる焼き」がモデルチェンジした「新・ぐるぐる焼き」について書いています。 過去に登場した「旧・ぐるぐる焼き」の記事はこちらです。 目次1 モデルチェンジでほぼ最強に2 旧・ぐ ...

-キャンプ, DIY
-, , , , ,

Copyright© ケラのブログライフ ケラブロ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.