制作

オペルクリカリア・パキプスを拾ってきた

切り込みを入れたオペルクリカリア・パキプス

自宅地区の掃除当番でゴミ捨て場を掃除しようとしたある日の早朝、オペルクリカリア・パキプスの枯れた木が大量に捨ててあった。地区の決まりでは30センチ以内に細かくしてから燃えるゴミに入れて捨てるようになっていたが原木をそのまま袋に詰めただけだったので回収してもらえなかったらしい。

明らかに枯れていたがオペルクリカリア・パキプスは高価で樹皮は珍しい形状をしているのでとりあえず何かの縁かと思い持ち帰った。ちなみに私はゴミ当番なので回収されなかったゴミを片付ける役目を仰せつかっている。ので決して資源の持ち去りではない。ゴミ捨て場はキレイになる、回収業者さんの仕事は減る、ウィンウィンではないか。

捨てられていたオペルクリカリア・パキプス

 

もともと水分を多く含んでいる種類らしいのでとりあえず切断して乾燥させてみた。

コチラは切断した直後👇

オペルクリカリア・パキプスの切断面

 

 

数日で干し割れが発生。

切断したオペルクリカリア・パキプス 2

 

 

どうやら中は二層になっているようだ。芯の部分はかなり収縮をしているが樹皮の収縮は浅いようだ。

切断したオペルクリカリア・パキプス 3

 

芯は未だに水分をたくさん含んでいて腐ったような状態だが、樹皮の方は乾燥されて硬くなっている。ドリルで穴をあけて乾燥を速めてみる。

オペルクリカリア・パキプスの切断面 2

 

芯の部分を掘ってくり抜いてみる。

中身をくり抜いたオペルクリカリア・パキプス

 

樹皮だけを残した状態。これを何かに使えるか考えてみる。

中身をくり抜いたオペルクリカリア・パキプス2

 

ニスを塗って表面のコーティングも試してみる。オイル系も塗ってみたが耐久性などを考慮するにどうやらニスの方が良さそうだ。

ニスを塗ったオペルクリカリア・パキプス

 

こちらは芯のところまで切り込みを入れ乾燥を速めてから芯をくり抜いた状態。十分に乾燥させると芯の部分はキレイに剥がれて裏側の表面がキレイに残された。割りばしで樹皮を固定しながら乾燥させている。しかしグロい。需要があるのか悩ましいところだ。

樹皮だけを残したオペルクリカリア・パキプス

 

表面側。なかなかイメージがわかない。何に使えるだろうか。

樹皮を開いた状態で乾燥させているオペルクリカリア・パキプス

 

こちらのオペルクリカリア・パキプスも切り込みを入れて乾燥させてみる。

切り込みを入れたオペルクリカリア・パキプス

切り込みを入れたオペルクリカリア・パキプス 2

 

このオペルクリカリア・パキプスをどうするかまったく見当がつかないので今回の報告はここまでにする。

しばらくは乾燥をくり返して樹皮の状態をチェックしながら経過観察をすることにする。

 

  • この記事を書いた人

ケラ

とくに何もない人。何かが人より秀でているとか自慢できるスキルがあるとか羨ましがるキャリアがあるとかが何もない人。時折キャンプに行ってます。料理を作るのが好きです。

おすすめ記事

ぐるぐる焼きスタンド1 1

本記事は、過去の記事「ぐるぐる焼き」がモデルチェンジした「新・ぐるぐる焼き」について書いています。 過去に登場した「旧・ぐるぐる焼き」の記事はこちらです。 目次1 モデルチェンジでほぼ最強に2 旧・ぐ ...

-制作
-, ,

Copyright© ぜんブロ , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.